(測定事例File011)     空気清浄機のフィルター掃除前後の振動、風速比較

●実験目的
    フィルターのごみを約1年間ためた国産空気清浄機のフィルター掃除前後の振動、風速の違い
   を確認する。
    実験前(フィルター掃除前)は、強風にしてもゴーという音と振動があるものの吹出口から風を
   感じなかった。

●使用機器
    汎用振動計(リオン:VM-83) ピックアップ(リオン:PV85) 風速計(日吉電気:PD70B) ワット計
    データレコーダ(リオン:DA-20) レベルレコーダ(リオン:LR-04) 分析ソフト(リオン:DA-20PA1)

●実験方法
    フィルター掃除前後及びフィルターなしの状態での微風、中風、強風時を実験。
    空気清浄機上部の鉛直方向振動加速度(rms)測定及びFFT分析(ハニング)、風速、簡易電力
   の測定を行う。

●実験場所
    事務所

●実験結果
    フィルター掃除後は、感覚的な騒音低下と下表に示す通り振動加速度が小さくなり、吹出口から
   風速を感じるようになった。

   ※フィルター掃除時の粉塵量8.0g

実験結果

稼動状態 掃除前 掃除後 フィルター無し
加速度 周波数 風速 消費電力 加速度 周波数 風速 消費電力 加速度
m/s2 Hz m/s W m/s2 Hz m/s W m/s2
停止時 0.0012 - - - - - - - -
微風 0.005 8 0.12 - 0.0019 8 0.12 約18 0.0023
中風 0.021 17 0.13 - 0.0084 17 0.21 約32 0.013
強風 0.037 20 0.13 - 0.013 20 0.33 約48 0.02
※共通する振動数:40、125、230〜270Hz
分析結果

              鉛直方向振動加速度(フィルター掃除前)


              鉛直方向振動加速度(フィルター掃除後)


              鉛直方向振動加速度(フィルターなし)

                 鉛直方向振動加速度(状態別比較)

                      FFT分析(掃除前)


                      FFT分析(掃除後)
●まとめ
    空気清浄機フィルターの掃除前は、空気の吸込音と振動が大きく、掃除後は音・振動共に
   小さくなり、風量は2〜3倍となったことから集塵能力も改善され、無駄なエネルギーも小さくな
   ったと思われる。空気清浄機の固体卓越振動数は、40、125、230〜270Hzであり騒音感とも
   一致していることからも掃除(手入れ)はやはり、必要なのだ。
●実験風景
           
                         空気清浄機及び使用機材


戻る   ホーム