(測定事例File027)   2階での加振時の階下騒音レベル・天井振動(変位・速度・加速度)測定

●測定内容
   

    2階で大人(約70kg)の普通歩行及びジャンプ(5cm程度)の加振を行い、階下の騒音レベル・
   天井振動(変位・速度・加速度)を測定した。

●使用機器

   普通騒音計(リオン:NL-06)  汎用振動計(IMV:VM-1970)  データレコーダ(リオン:DA-20)  
   分析ソフト(リオン:DA-20PA1)

●測定方法

    2階で大人(約70kg)の普通歩行及びジャンプ(5cm程度)の加振を行い
、測定は、振動(変位・速度・
   加速度各1回)と同期して騒音レベルも測定した。
    騒音レベルは、階下の測定対象室の中央付近、マイクの高さは1.2mにて測定。
    振動は、階下の天井中央付近に汎用振動計のセンサー(ピックアップ)を直付けし、鉛直方向(Z方向)
   を測定。

●測定場所

   事務所1階(リビング)

●測定結果

    1階室内の騒音レベルは、ジャンプ時は60〜70dBAとなるが、歩行時は、生活音(室内掛け時計)と混ざる
   ため特に識別はできない。
(レベルチャート上は室内の掛け時計の秒針の刻む音
    
    振動は、特に歩行による変化は見られず、ジャンプ時は変化が見られた。外部(車)の影響はこの測定時間
   内に関しては、特に無かったと想定される。変位・速度・加速度の結果は下記の通りである。
    振動変位は、常に0.1〜0.2mmで、ジャンプ時は0.3mmである。
    振動速度は、常に1〜2cm/sで、ジャンプ時は3〜8cm/sである。
    振動加速度は、常に<0.1m/s2で、ジャンプ時は0.4〜1.7m/s2である。


波形記録
             
                         レベルチャート(騒音レベル及び振動変位)

             
                         レベルチャート(騒音レベル及び振動速度)

             
                          レベルチャート(騒音レベル及び振動速度)


●測定風景
    
                               測定風景


戻る   ホーム