(測定事例File055)             エンジン草刈機の騒音レベル測定

●測定内容
    草刈機(エンジン)による草刈音を作業直近(機側約3m)にて騒音レベルを
    測定した。
    
●使用機器
    
普通騒音計(リオン:NL-06)  データレコーダ(リオン:DA-20)
    分析ソフト(リオン:DA-20PA1)

●測定方法
    敷地境界外の道路側(作業地点から約3mの位置)にて、約5分間測定した。
    マイクの高さは地上1.2m。

●測定結果
    作業員の方には、通常の草刈作業をしてもらったが、毎週聞いている音は、
    小石などを時々飛ばす(カン、シャー)という音であったが、今回模擬作業をして
    もらった音は、草だけを刈る音(シャーン)とエンジン音(ブーン)が支配的であり、
    音が小さく聞こえたのと、音質が違うなと思ったがそれでもL5で67dBAであった。

    騒音の伴う屋外作業は午前中が作業性は良いが、近隣への住民配慮や簡易な
    防音シート等で少しでも遮音、視野に入らない等の配慮が必要であると思われる。

                                                       (単位:dB)
時間 等価騒音レベル 時間率騒音レベル
Aeq A5 A50 A95
9:519:55(4) 60.2 67 55 48


    波形記録

    
     
●測定風景

                  
                             測定風景


戻る   ホーム