(測定事例File062)            鉄骨建材作業全般の騒音レベル測定

●測定内容
    鉄骨建材作業全般(ハンマー叩き音、インパクトドリル他)の騒音レベルを測定した。
    
●使用機器
    
普通騒音計(リオン:NL-06)  データレコーダ(リオン:DA-20)
    分析ソフト(リオン:DA-20PA1)

●測定方法
    作業場所から約5m(安全上)の位置にて、10分間測定した。

●測定結果
    カンカンという打撃音、ジャーというインパクトドリル音あり、L5で84dBA、最大値で108dBA
    であった。
    住宅地内での騒音の伴う屋外作業は、近隣への住民配慮や簡易な防音シート等で少しでも
    遮音等の配慮が必要であると思われる。
              

                                                       (単位:dB)
時間 等価騒音レベル 時間率騒音レベル
Aeq A5 A50 A95
14:5515:05(10) 83.2 84 56 45


    波形記録

       
     
●作業風景

                  
                             作業風景


戻る   ホーム