(測定事例File066)          小型エアーサンプラー(吸引ポンプ)の稼動音

●測定内容
    小型エアーサンプラー(吸引ポンプ)稼動時の音圧レベル(A特性、Z特性)及び、
    振動レベル、振動加速度レベルを測定した。
    
●使用機器
    普通騒音計(リオン:NL-06)  振動レベル計(リオン:VM-52) 
    データレコーダ(リオン:DA-20)  分析ソフト(リオン:DA-20PA1)

●測定方法
    スチール机上に設置した小型エアーサンプラー(国産)を吸引量を5L/分にて
    吸引(無負荷)した状態で測定。
    測定位置は、機側約0.7mにて音圧レベル、直近机上にて振動レベル、
    振動加速度レベルを測定。

●測定結果
    騒音レベルは、72dBA(Leq)であった。
    振動レベルは、76dBz(L10)であった。

    波形記録
     
       
                         騒音レベル(A特性音圧レベル)

       
                              振動レベル


     ○1/3オクターブバンド周波数分析結果

         音圧レベルの卓越周波数は、50Hz(67dB)と2.5kHz(69dB)。
         振動加速度レベルの卓越周波数は、50Hz(89dB)。

       


   感想として、小型エアーサンプラー(吸引ポンプ)とはいえ、事務所などの静かな場所では喧しい。
   スチール机上の小型エアーサンプラー(吸引ポンプ)の振動は手のひらで振動を感じた。


      

●測定風景

            
                             測定風景


戻る   ホーム