(測定事例File074)            子ねこの鳴き声の大きさと周波数成分

●測定目的
   子ねこの鳴き声の大きさと周波数成分を求める。

●測定対象
   子ねこ

●使用機器
   
普通騒音計(リオン:NL-06)  データレコーダ(リオン:DA-20)
   分析ソフト(リオン:DA-20PA1)

●測定項目
   ・A特性音圧(騒音)レベル
   ・Z(平坦)特性(1/3オクターブ周波数分析

●測定条件
   子ねこより、0.5m離れ地点にて測定

●測定結果
   
   
   (子ねこの鳴き声:wavファイル(約0.5MB:A特性) ※再生時の音量には注意して下さい )
雑感
    子ねこが何かを要求していると思われる時の騒音レベルは、0.5m離れて54〜56dBA
   であった。
    ねこの可聴周波数は、20Hzから50kHzとも100kHzとも言われ、人間では中高音域の音
   もねこにとっては低中音域なのかもしれない。
    また、その鳴き声はやかましく聞こえ800〜8kHzの中高音成分であった。
●測定風景

                  
                            測定風景


戻る   ホーム