(測定事例File076)          軽自動車の50km/h走行音について

●測定目的
   軽自動車の50km/h走行時での助手席と後部座席の騒音状況及び、1/1オクターブ周波数分析
   にて発生している周波数帯の傾向を調べる。

●測定対象
   対象車両:国産軽乗用車(平成17年式 660CC 3気筒 3AT 低グレード)

●使用機器
   
普通騒音計(リオン:NL-06)  データレコーダ(リオン:DA-20)
   分析ソフト(リオン:DA-20PA1)

●測定項目
   ・A特性音圧(騒音)レベル
   ・Z(平坦)特性(1/1オクターブ周波数分析

●測定条件
   測定位置:車内(助手席及び後部座席の耳朶位)
   測定状況:50km/h走行 エアコン停止
   助手席測定時の路面(荒れ、轍あり)と後部座席測定時の路面(平滑)の比較
   (路面状態が同一でないため、参考程度とされたし)


●測定結果
 
               @1/1octバンドレベル・A特性音圧レベル

●測定風景

      
            測定位置(助手席)                  測定位置(後部座席)
        


戻る   ホーム