(測定事例File078)        扇風機(座敷扇)の風量及び距離による風速比較(番外編)

●測定内容
    国産扇風機(座敷扇)の風量及び距離による風速の変化を測定する。

●測定対象
    国産扇風機(座敷扇) 羽根(直径30cm、3枚羽)、モータ(単相誘導モータ)、1985年式
                  風量(3段階)、最大風速(60Hz:3.7m/s)、最大風量(60Hz:44m3/分)

●測定機器
    
熱線式風速計(リオン:AM-03 データレコーダ(リオン:DA-20)

●測定方法
    国産扇風機(座敷扇)より距離(0.5m及び1.0m)の地点に熱線式風速計を設置し、
    各風量(3段階)につき1分程度測定を行う。 熱線式風速計のセンサーは扇風機
    羽根部中央(回転軸)付近とした。
    
    測定は熱線式風速計の外部出力よりデータレコーダにて入力(記録)を行い、波形ソフト
    にて分析を行った。(DC出力、0〜20m/sが0〜5Vに対応)

    分析は各風量(3段階)の立上げから安定したと想定された箇所(実際はある程度変動
    している)を範囲指定し、平均、最小、最大の計算を行った。

    ※本測定は、扇風機の性能を評価するもではなく、測定方法も独自であり、あくまで保有測定機器
     にて日常にある事象等を測定したものです。


●測定・分析結果
                                                      
距離
(扇風機⇔風速計)
風量 風速(m/s) 風量による風速増加率(倍) 風速差(m/s)
平均 最小 最大 平均 最小 最大 最大-最小
0.5m 1(微風) 1.8 1.5 2.0 1 1 1 0.5
2 2.9 2.5 3.3 1.66 1.66 1.64 0.8
3 3.8 3.4 4.2 2.16 2.24 2.08 0.8
1.0m 1(微風) 1.3 1.1 1.5 1 1 1 0.4
2 2.5 2.0 2.9 1.94 1.90 1.98 0.9
3 3.5 3.0 4.0 2.74 2.87 2.73 1.0
距離(0.5→1.0m)による
風速減少率(倍)
1(微風) 0.72 0.69 0.73  
2 0.84 0.79 0.88
3 0.91 0.88 0.96
※(微風)は扇風機の風量切り替えスイッチに表記 風量1(小)→3(大)


    波形記録

    
                     風速(扇風機⇔風速計 距離0.5m)


    
                     風速(扇風機⇔風速計 距離1.0m)



●測定風景

                 
                            測定風景



戻る   ホーム