ウェーバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner)

人間の感覚(嗅覚、聴覚、振動感覚)が強さの絶対値よりもその対数に比例する傾向を法則化したもの。
これを騒音レベル、振動レベルに利用している。