平成17年度振動規制法施行状況調査について(要旨)

標記の調査について平成18年12月26日(火)環境省水・大気環境局大気生活環境室から発表があった。

要旨を以下に示す。
振動に係る苦情の件数は、下図に示すようにここ数年微増傾向である。

発生源別の苦情件数では、
@建設作業      2,184件
A工場・事業場    782件
B道路交通         316件

全ての発生源で苦情が増加している。
最近の建設数増加及びコスト低減等で振動対策の意識が
薄れいるのだろうか。
振動レベル苦情数
苦情増減率及び件数(増加率上位)

件数 増減率
H16 H17 増分
@北海道 71 100 29 41
A福岡県 80 104 24 30
B大阪府 300 386 86 29
C神奈川県 335 378 43 13
D東京都 830 899 69 8
振動苦情内訳

「平成17年度振動規制法施行状況調査について(環境省HP)」から抜粋した。


戻る   ホーム