交通振動測定(概要)

道路交通振動に関する規制
                  道路交通振動に係る要請限度(概要)
区域の区分*
時間の区分
第1種区域 第2種区域
昼間 5,6,7又は8時〜19,20,21又は22時 65dB 70dB
夜間 19,20,21又は22時〜翌5,6,7又は8時 60dB 65dB
*京都適用地域及び時間の区分は、知事(京都市にあっては市長)が指定する。
 京都の場合
 ・時間区分: 昼間 8〜19時まで  夜間 19〜翌8時まで
 ・区域の区分: 第1種区域 第1種低層住居専用地域〜準住居地域 
          第2種区域 近隣商業地域〜工業専用地域

 ・測定点:道路の敷地境界線
 ・ピックアップ設置場所:測定に支障のない場所(固く水平な場所、ノイズ影響がないこと等)
 ・測定方法:計量法第71条の条件に合格した振動レベル計。鉛直方向、鉛直振動特性。
 ・5秒間隔、100個又はこれに準ずること。80%レンジの上端値(L10)。


 「京都府・京都市環境関係法令集(京都商工会議所)」から引用。

 
道路交通騒音、振動 交通量等測定 リーフレット(PFD)