ラウドネス

音質指標の1つで単位はsone(ソーン)。
人間の耳に聞こえるうるささを示す。
1kHzで40phonの音を1soneと定義し、単位系がリニアになっているので、2倍の大きさであれば
2soneと表す。

乗り物等の定常音の居住性を示す指標としては良いと思われる。 
又、音対策の前後比較では使用できると思われる。

但し、騒音対策する上では、やはりZ特性(A特性)での周波数分析を行った上で、対応する周波数
の防音等の対策を行い、効果を確認するのが常套手段であると考える。

なお、放送業界では、独自のラウドネスメータによる規制があるが、別物である。




戻る   ホーム