騒音障害(損失)

騒音とは、「好ましくない不快な音」、「音量の大きな音」である。

 ・受音者個々人によって捉え方が大きく異なることと、直ちに感情的になり、冷静さを失う特徴がある。

 ・音源(振動源)を意図的に当事者から都合の良い地点に置くことによる被害者と認識のずれがある。


具体的な騒音障害(損失)は以下のものがあげられる。

 ・会話(通話障害)妨害

 ・集中力の低下(作業、勉強等)

 ・休養、睡眠障害

 ・心理的影響(いらいら等による被害感)

 ・聴力障害・不動産、動産価値の低下

 ・営業損失(来客数減少、契約損失)

 ・近所付き合いの疎遠又は嫌悪感の先入

 ・機器騒音の場合、異常(異音)に気づかず故障又は加熱火災による経済損失

 ・高所マンション(ビル)の強風時に発生する手すり等の棒状設備からの風音(カルマン渦)


戻る   ホーム