騒音の時間的変動による分類


定常騒音
  レベル変動が小さくほぼ一定とみなされる
  (機械音:常時使用の送風機等)








○変動騒音

  不規則、連続的にかなりの範囲で変化する
  (交通騒音等)








○間欠騒音
  間欠的で1回の継続時間が数秒以上
  (機械音:コンプレッサー等)








○衝撃騒音
  継続時間が一瞬
  (建設作業音:ハンマー、落下音等)




 ●分離衝撃騒音
   個々に分離できる
   (建設作業音)








 ●準定常衝撃騒音
   レベルがほぼ一定の極めて短い間隔で繰り返される
   (建設作業音)

















「騒音規制の手引き(社団法人日本騒音制御工学会)」を参考とした。





戻る   ホーム