騒音の測定対象による分類

・総合騒音
  ある場所・時刻におけるすべての騒音。

・特定騒音
  総合騒音の中で騒音源を識別できる騒音。

・残留騒音
  総合騒音から全ての特定騒音を除いた騒音。

暗騒音
  総合騒音から特定騒音を除いた騒音。

・初期騒音(参考:環境アセスメント等)
  事業化前の環境変化が生じる前の総合騒音。

音の分類
(例)
 ・建設作業騒音を特定騒音とすると、他の車両音、工場、自然音は暗騒音となる。
 ・建設作業、車両、工場騒音を除くと自然現象だけの残留騒音になる。


「騒音規制の手引き(社団法人日本騒音制御工学会)」を参考とした。