残響時間

     残響時間とは、測定対象の室内にて既知の音源を断じた時、そこから60dB減衰に
     要する時間のこと。 室内の容積や吸音率などにより変わる。

     以下の2つの観点で使い分けられる。

     1. 室用途により残響時間は異なり、日本建築学会の学校建築における残響時間
        では廊下・体育館等では短い方が良いとされる。(学習や職場環境での指標)

     2. 室の響きの程度を示すものとしてコンサートホール等においては、重要な音響性能
        評価のひとつである。


      下グラフは1k(1000)Hzオクターブバンド音の例である。

      


     関連ページ 残響時間(音)について (コラム雑音)