床衝撃音性能測定(軽量床衝撃音と重量床衝撃音)

主に集合住宅等で床衝撃音を測定する場合、軽量床衝撃音と重量床衝撃音の2種類の音についての
測定方法があります。 

@軽量床衝撃音は,軽量で堅いものが落ちたとき発生する音や靴履(硬い靴)で歩き回るような音を対象
とし、主として中・高音域の遮断性能に関連します。
A重量床衝撃音は,子供が飛び跳ねるような,重くかつ柔らかい物が落ちたときに発生する音を対象とし、
主として中・低音域の遮断性能に関連します。

又、それぞれ対象となる音の測定用衝撃音(衝撃源)を発生させる装置として、
@軽量床衝撃音発生器(タッピングマシン)とA重量床衝撃音発生器(バングマシン)が使用されます。


関連ページ
  木造家屋での床衝撃音(重量・軽量)レベル測定実験
  軽量床衝撃音発生器近傍の振動加速度