平成25年9月21日(騒音対策について)(41)

 騒音測定の結果説明のときに、どう考えたら良いですかと聞かれることがある。
 その時に、騒音防止の基本を3点に分けて説明するときがある。

 1.発生源対策

   1-1 音源探査などしない場合(探査するまでもなく、音源や音種がわかっている場合)
       ・冷却や点検等がない音源の場合→音源の囲い込み(エンクローズ)
       ・静穏化機器への変更など(ベアリング、歯車や伝達軸などのアライメント調整、給脂など)
       ・苦情となっている時間帯のみ対象設備の運転制御(停止も含めて)を行い、静穏化する

   1-2 音源探査等を行った場合。
       ・音源周辺の囲い込み(遮音)や吸音材の使用
       ・固体音として二次的に音源になっている場合→固体振動防止対策を施す

 2.伝播経路対策

   2-1 音源が判っている場合
       ・受音点までの距離を長くするか、直達しないよう遮蔽物を置く
       ・音源位置(向き)を変える
       ・遮音塀を設ける
       ・受音点側の壁等の吸音(遮音)対策を行う(周波数に応じて)

   2-2 音源(漏洩音)が不明な場合
       ・音源(伝播経路)を探査し、2-1の対策を行う
       ・漏洩音と設備の同期測定を行い、寄与の大きい設備を探して2-1の対策を行う
       ・設備の同期測定が無理な場合は、設備の振動加速度測定を行い、周波数と振動
        加速度から、寄与の大きい設備を探し、2-1の対策を行う

 3.受音点対策

    音源と受音側で音の大きさと周波数分析の同期性を確認する。必ずしも音源と受音側の
    卓越周波数が一致するとは限らない
     →音響抵抗の小さいサッシや吸排気口からの音が入って来るようであればサッシ性能
       等を上げたものを付けて、室内騒音を小さくするようにする。周波数によっては、直近
       の部屋でなく隣接した部屋で騒音を感じる場合もある(室内寸法により共振している
       場合もある)

 なお、当社は測定・調査会社なので工事等は行っていない。
            



平成25年10月8日(騒音と音の違い)(42)

 騒音とは、「好ましくない不快な音」を総称しており、ほぼ同内容の意味でJIS-Z-8106
 (音響用語)では「不快な又は望ましくない音、その他の妨害(noise)」として定義され
 ている。受音者の制御不能な音とでもいえなくも無い。
 「騒音・振動測定の基礎と測定(一般社団法人 日本騒音制御工学会編)から引用)」

 現在でも音の測定に騒音計(JIS-C-1509ではsound lebel meter)を用いているが、
 必ずしも不快な音ばかりでなく、オーディオの出力特性や残響時間など測定している。

 今後も、音の分野(心地よさ、質感など)でも騒音計を使うことになるが、依頼者から
 すれば、音(音響)であり、騒音ではないということもあり、サウンドレベルメータで測定
 させていただきますと言っている。

 昔、車の購入時に外見やサイズ、エンジン特性、価格などカタログ上で絞りこんでいた。
 実車を見に行って、ドアやハッチバックの閉めるときの音が「バシャ」とした時には、
 興ざめして、違う車を見に行き、同じようにドアを閉めたとき「バン」と重厚な音がして、
 剛性感と安心感があり、現在の車にした。

 音と捉えた場合、色々な情報が含まれ、人(性差、年齢、趣向など)の感性に依存する
 ため、その評価もラウドネス、シャープネス、ラフネス、他がある。


平成25年12月20日(近畿計量大会に参加して(1/2))(43)


 11月13日に滋賀県大津プリンスホテルで近畿計量大会があり、出席した。
 講壇者は、滋賀県知事、大津市長代理(いじめ問題で忙しいらしい)、草津市長、
 元計量教習所所長、武村正義氏であった。

 元計量教習所所長の話では、日本のキログラム原器も数年おきに基準原器と確認
 するために、水蒸気洗浄をしているとのこと。 これをしないと数マイクログラム窒素酸化物等
 が付着して重量が増えるらしい。 そこで、以下の改定案が出た。

 現在:国際キログラム原器の質量。
 改定定義案:ワットバランス法(キログラムとは、周波数が〔光速の2乗〕÷プランク定数h)
         ヘルツの光子のエネルギーと等価な質量となる。
 ということで今後、質量の定義が変わるらしい。

 講演会後に元計量教習所所長に以下の質問をした。

 @E=mc2と関係があるのですか。
   →関係がある。(参加者の反応・質問が無いので少し残念であったらしい。)

 A物理の世界では、理論物理で新しい素粒子や理論が実験物理で証明され、単にこれが
  1kgですでは、整合が取れなくなったということもあるのですか。
   →上記のキログラム原器での質量変化や普遍的な考え方に変える必要があった。

 現時点の科学で質量の定義をして、最新の科学で定数等は変わるべきであり、時代に
 追随するために、常に最新の科学を学び続けてほしい。 ということであった。


             
                        講演風景


平成26年01月29日(近畿計量大会に参加して(2/2))(44)

 11月13日に滋賀県大津プリンスホテルで近畿計量大会があり出席した。
 講壇者は、滋賀県知事、大津市長代理(いじめ問題で忙しいらしい)、草津市長、
 元計量教習所所長、武村正義氏であった。

 次に元政治家の武村正義氏の国債についての講演があり、概要は以下のとおり。
 国債は、減らさないとEUどころではなく深刻な状態になる。
 (当社とHPには関係は無いが個人的に教えてもらいたかった。従って雑談程度の内容)

 質問時間が与えられたので、以下の3点について質問した。

 @国債は、減ったことが無いのですか? バブルの時などに箱物に税金をつぎ込んでい
  たが、なぜ、少しでも余裕が出来た時に減らそう(返そう)としなかったのか。
   →バブルのときは国債の伸びは小さかった(鈍化)が減るまでには至らなかった。

 A家計で言えば、借金の返済に余裕が生じれば利息も付くので返済を考えますが?
   →時の権力者に提言したが、景気が萎縮するとかの理由でされなかった。
    又、国債にも種類があり、建設国債は、インフラ整備のために行い、全てが悪いと
    いうものではない。

 B人口動態を考えれば人口減でいろいろとアセスなど試算すれば必要なものと十分なも
  のに分けてインフラ等を精査すればここまで国債が増えなかったのでは? 又、老齢化
  に伴う医療費増等も考慮すべきだったのでは?
   →事業計画等は数十年単位で決めることもあり、一旦動き出したものは容易には止め
    られない。又、省庁間の省益を損ねることはしない。

 ありがとうございました。政治に疎く、理解力も不足しているので十分消化していませんが、
 国債は減らないということはわかりました。



平成26年06月19日(京都府環境計量証明事業協会 第36期通常総会に参加して) (45)

 平成26年6月4日(水)にルビノ京都堀川で通常総会の後、「宇治茶の歴史と魅力」の講演
 があり、概要を報告する。

    講師:京都府農林水産技術センター茶業研究所 専門官

 一般的な歴史では、16世紀の後半から茶の木(つばき科らしい)を京都の宇治川流域で
 栽培されたとされる。

 茶に適した条件として適度な川霧など太陽光が弱くなる(日陰など)ところの方がおいしい
 お茶ができ、肥料(人糞)が京都の下流域のため、入手が容易という理由で宇治らしい。

 初めの頃は、製茶技術が確立していなかったために、現在のような緑色のお茶は無かった。

 後に、お茶を大きな鉄板の上で揉みながら、乾燥させて酵素(ポリフェノールオキシダーゼ)
 を失活させ、きれいな緑色のお茶の製法(宇治製法?)が確立した。

 茶畑にたまに見られる黒い覆い(覆い下栽培)は、茶葉に光ストレスを加え、少ない光で
 最大の栄養素(葉緑素、旨み成分〔テアニン他〕)と覆い香の主体であるDMS(ジメチルスル
 フィド)を作らせるが、渋み・苦味のカテキン類の生成は抑制される。
 しかも葉が薄くなるので、お湯を入れた時にふわっと開き、旨み成分が先に出るので良いら
 しい。

 宇治のお茶は、天領で指定の茶師(上林氏他2師)により作られ茶壷に入れて、天皇と将軍
 に献上されるのであるが、天皇(京都御所)に献上する時は、最短距離で運ぶのではなく、
 わざと各大名屋敷の前を通り、その道がでこぼこして茶壷が揺れると一大事であり、道の管
 理責任者である大名家の責任が問われるため、道を整備し、茶壷の運搬人に揺すらないよう
 にお願いしますと心付けがあり、「ゆすり・たかり」の由来とも言われている。

 宇治茶の定義については、木津川流域でとれたお茶を宇治茶と称するらしく、日本茶(緑茶?・
 宇治茶?)9万t/年の中で京都にて生産された宇治茶は3000t/年で更にその1/3が抹茶であ
 り、量としては非常に少ない。また、先の茶葉に光ストレスを加え、木が弱り、回復させるため
 に1番茶だけ摘むとのこと。

 上記内容は、メモ書きと記憶のため、正確さについてはご容赦頂きたい。

 京都府環境計量証明事業協会では年2回(通常総会と年始の総会)には、趣向を凝らした
 講演があり、楽しみにしている。