平成27年08月04日(騒音・低周波音被害者の苦悩と後悔) (51)

先日、あるご婦人からHPを見て電話を頂いた。

「我が家の裏に店舗が来ることになり、開店前に定格出力15kwのガスヒートポンプエアコン
 室外機〔以降GHPと略〕(メーカーカタログ値62dBA無響室)の設置については、住宅に向
 けて設置しないとの約束を破り2台設置され、他に以前は畑(現駐車場)に向けて設置され
 合計4台が敷地境界近くに設置されました。

 その後、無届(約6年後特定施設届出)のまま7.5kW以上のコンプレッサーを設置、やがて
 車の整備工場になり、板金の音や有機溶剤を使用した塗装作業が始まりました。

 その結果、操業中は、騒音、低周波音、有機溶剤臭、燃焼臭も室内に入り込み家族が
 体調を崩し、イライラ感から家庭環境が一変しました。

 GHP(定格出力15kw1500CC4気筒OHV LPG燃料〔タクシーエンジンとほぼ同じ〕により
 夏は冬の3倍の出力でコンプレッサー駆動、冬は燃焼熱利用で出力は抑えられる)は、時に
 24時間稼動と季節により騒音等が大きくなる時期がありました。 隣家も同様の被害を訴え
 られました。

 現在、民家に向けられていたGHPは移設されましたが、当時の被害については自分なりに
 店舗(後に整備工場)、行政、専門家の先生(低周波音、可聴音の測定実施)他にも相談
 したのですが、解決せずに時効となり、悔やんでも悔やみきれない、せめて同じ苦しみはして
 欲しくないという気持ちです。」

ご婦人は、騒音規制法、条例や環境法等に詳しくなかったことで自分を責め、後悔されてい
ますが、被害に逢わない限り、そのような環境法等は知らないのが普通です。

普通に生活している人が騒音・振動・低周波音等の環境悪化の被害を受けても何を、どうす
れば良いのか戸惑う人がほとんどではないでしょうか。

順次、Q&Aにて微力ながら現在、騒音・低周波音等の被害に苦しまれている方の一助になれ
ばとの思いで掲載致します。

    


















平成27年12月04日(音の歴史) (52)


1.空気中の音速を予測したニュートン
   17世紀に正確な測定器も無かった時代に空気中の音速を295m/sと予測していた。
   17世紀末に現在の音速に近い数値になった。

2.水中の音速を求めたダニエル・コラドン
   当時のストップウォッチは1/4秒まで測定可能であったらしく、ジュネーブ湖での測定値は
   1435m/sとほぼ現代の実測値と違わなかった。

3.大音量を発する生物
   テッポウエビの必殺技:体長は種類にもよるが5cm前後で爪を鳴らすと最大190dB
   程度の衝撃音を出し、近くの小魚は失神等により捕食するとの事。
   マッコウクジラのクリック音:軍事ソナーを越える200dB以上を発生するとの事。

4.1950年代の新たな音
   この頃になると音が人に及ぼす効果に関心が高まる。超音波と低周波音。超音波は
   エコーとして医療用、産業用、軍事用に利用されている。低周波音は、奇妙な現象が
   確認され、体感(ボーッという音、耳がツンとする、臓器の固有振動と数に近い場合、
   不快感・眠気を与える)が報告されている。

5.聞こえない、薄気味悪い
   「機械の中の幽霊」と言う論文を1998年ヴィク・タンディと心理学科のトニー・ロレンス
   博士は投稿した。論文の概要は、タンディがフルーレ(フェンシングの剣)を修理していた
   時、フルーレが特定の場所で振動し、換気扇を止めたところ振動は止まったと同時に
   「とんでもなく重いものが取り除かれたような気がした」と書いており、後に超低周波を
   計測すると眼球を震わせるのと同じ周波数であることがわかった。
   低周波音の定義や規制値(参照値)が国際的に一致した基準が出来ないのは、
   量-反応関係データの全般的な不足が背景にあり、発展途上の分野であると言わざる
   を得ない。

6.0dBとは?
   空気中では20μPa、水中では1μPaが0dBとなるため、注意が必要。

7.LRAD(長距離音響装置)
   2005年ソマリアの海賊阻止のため、超指向性のある音波ビームを約9kmまで使用
   可能な大音量かつ不快な音響装置であり、農業用にも転用されている。

 (引用:騒音の歴史(マイク・ゴールドスミス著))    



平成28年01月28日(風力発電風車近くでの騒音感について) (53)

私用で立ち寄った風力発電風車近くにて携帯電話(動画モード)での収録と騒音感

 風力発電概要
   水平軸可変翼式可変速型、タワー高さ37m、翼の直径45m

 観測位置
   風車の軸から約50m離れた地上

 騒音感
   バサッ、バサッと空気を切るような低い音とギヤーの回転音であった。
   日常生活では無い音なので、気になるだろうと感じた。
   住居地域では、騒音等の苦情が発生するだろうなという感想と、ギヤーの音
   については、ある程度離せば、距離減衰もするだろうが、低い音については
   不明である。

         

         参考に動画を載せた。  (wmvファイル 約1M)
         
        (携帯電話での収録のため防風スクリーンがなく、音割れしている)



平成28年05月06日(マンション騒音相談) (54)

 相談数が多いのが、マンション上階からの騒音苦情である。

 特徴として夜間帯が多く、不眠、イラつく、怒鳴りたい衝動に駆られることがある等。

 配慮にかけた生活音の場合
  @小物の落下音、椅子などの引きずり音等の明瞭な音。
  A大人のかかとから歩く歩行音、子供の飛び跳ねる音など低音。
  B深夜の入浴やシャワー、トイレの流水音、掃除機を壁等の幅木に当てる音など。

 意図的と思われる場合
  @嫌がらせのように床をかかとや棒などによる衝撃音発生など。

 相談者としては、基準や条例等が無いのかとよく聞かれる。

 結論としては、
 即効性のある方法はない。賃貸マンションでは管理会社に相談しても廊下などの共有部分や
 全体としての資産維持を目的としているので、個人間の苦情は、当事者で解決して欲しいと断
 られる。
 あるいは、規約に個人間のトラブルについては関与しないなど明記されているので対応できない。
 分譲マンションの場合でも管理組合等に相談しても個人間のトラブル等については関与しないと
 断られる場合が多い。

 どうすれば良いのか聞かれると、
 受忍限度を超えていることを客観的に示すこと、時間帯と測定結果、受忍限度の判決、室内に
 おける環境基準の指針や睡眠時の騒音レベル、入眠時の睡眠障害、日本建築学会の
 床衝撃音等級と生活実態の例などである。


 被害者が立証しなくてはならず、費用やその時から始まる近隣関係の悪化も考えると負担が
 大きい。



平成29年04月10日(音と振動について) (55)

どちらも波動であり、波の性質である周波数(振動数)や周波数による反射、屈折、回折など
の性質を持つ。

○音について

   音については、周波数により低周波音(80又は100Hz以下)、可聴音(20Hz〜20000Hz)
  と超音波(20000Hz以上)に分けられる。

   超音波は、人間には聞こえない音であり、直進性が強く、動物ではこうもり等が獲物を
  探すために利用している。 工業的には、位置センサー、距離計のセンサーや動体センサー
  として利用されている。
   低周波音は、環境省の低周波音測定マニュアルにより、周波数により建具や置物などが
  揺れる物的苦情といらいら、圧迫感等の心身に係る苦情に分けられる。 これらは、上記の
  苦情が発生する目安として参照値がある。(規制値や基準はなく、当然、環境基準もない)
   可聴音は、騒音レベル(A特性という人間の聴感補正した周波数重みつけ)されたものが
  環境基準や騒音規制法で使用する。

   騒音レベルは、地域性や用途により決められており、住居を中心に考慮された地域では、
  騒音レベルが厳しく、工業を推進する工業専用地域などでは、ゆるくなっている。
   事業場内での騒音レベルについては、労働者の災害防止という観点から指定作業場に
  ついては作業環境測定が義務化され、定期測定と測定結果から管理区分が決められる。
   建築分野では、平坦特性(Z特性、昔はF特性と言っていた)で周波数毎に音圧レベルが
  決められ、「建築物の遮音性能基準と設計指針[第二版]日本建築学会編」により室間音圧
  レベル差、室内騒音、床衝撃音(重量床、軽量床)に関する適用等級が決められている。

   苦情系の騒音問題等については、音の大きさ、発生時間帯、頻度から受忍限度を考慮した
  上で、どこから音が来ているのかが重要になり、自治体により迷惑条例が整備されている
  ところもあるが、それで騒音苦情が無くなる訳ではない。


○振動について

   大きく分けて3つに分類される。

   1番目に身体に影響する振動加速度レベルであり、1〜80Hzが対象であり、鉛直・水平方向
  の身体影響の周波数重み付けされた振動レベルとなる。 振動規制法では、規制値があり、
  道路交通振動では要請限度があるが、環境基準はない。 振動規制法、道路交通振動は、
  鉛直方向のみが対象である。 重み付けしない振動加速度レベルでは、地盤卓越振動数を
  求めるときに用いる。

   2番目に機械(建築)系の振動加速度測定があり、設置機械が稼動時に設置面、建物などへ
  の振動影響を測定する時や、精密測定器設置の事前適否測定もある。 測定項目は、目的に
  より振動加速度(m/s2)、振動速度(m/s)、振動変位(m)がある。 
  大雑把な説明では、振動数(周波数)が高く、固体音に変わる場合などは振動加速度の領域で
  あり、振動加速度よりも振動数(周波数)が低い場合などは振動速度の領域である。 更に
  振動数(周波数)が低く、目に見える程度の変化の場合は振動変位の領域である。
  振動加速度→(積分)→振動速度→(積分)→振動変位で求められる。 逆に求める場合は、
  微分にすればよい。

   3番目に地震であるが、建築構造や高さにより地震の振動数(地震の場合のみ振動数の逆数
  の1/fの周期時間を用いる)で表現され、振動数が2Hzの場合0.5秒である。タワーマンションなど
  では、1Hz以下の1秒以上の数値もよく聞く数値であり、上層階では、ゆれ幅が数mとか、大型家電
  製品等が動く(飛ぶ)ということも耳にされていると思う。 低層住宅では3〜8Hz(0.1〜0.3秒)程度で
  被害が大きいと言われている。