平成29年04月26日(手腕振動について) (56)

 動力(エンジン、モーター、空気圧等)を用いた振動工具では、振動により手腕の血流
 が減少し、代表的な疾病として白ろう病などがある。

 その対策として「振動障害の予防のために(厚生労働省労働基準局等)」の中に
 「チェーンソー取扱い作業指針について(基発0710第1号)」及び「チェーンソー以外
 の振動工具の取扱い業務に係る振動障害予防対策指針について(基発0710第2号)」
 が出されている。

 概要として手の支持面座標系(3軸)の振動加速度を測定し、各周波数に手腕系
 周波数補正係数を乗じ、振動加速度実効値の3軸合成値での評価を行い、許容基準
 以下の作業時間とすることにより振動障害を予防するものである。

 対象工具は、チェーンソーをはじめとして、大きく9工具に分けられ、更に具体的な工具が
 指定されている。

 測定法は、「JISB7762」、「ISO22867」、「JISB7761-2」がある。

    




平成29年06月16日(集合住宅 騒音はどこから?) (57)


 従前は、集合住宅の苦情者は、上階からがほとんどと考えられていた。

 しかし、「日本音響学会2017 NO.6〔集合住宅における隣戸への床衝撃音の伝播〕」
 によれば、戸境壁として乾式戸境壁も使用される傾向が高く、固体音や空気音が
 上下階よりも隣戸間の方が伝播しやすい場合もあるという。

 集合住宅も同じ間取りからカスタマイズされる傾向があるらしく、
 その場合、乾式戸境壁を使用したほうが造作しやすいということもあり、
 今後は単純に上階からの固体音伝播による影響と単純にはいえない
 状態に入るのかなと思う。

 上記、専門誌にも上階は無人であるのに歩く音が聞こえておばけか怪奇現象
 ということも実は隣戸だったということも編集後記に記載されており、先入観や
 過去の経験則もほどほどにということか。


戻る  ホーム  コラム雑音メニュー  次のコラム雑音へ  前のコラム雑音へ